先輩ママ直伝!「前駆陣痛」とその乗り切り方~赤ちゃんに会えるまで~ | NAKED.(ネイキッド)

先輩ママ直伝!「前駆陣痛」とその乗り切り方~赤ちゃんに会えるまで~

出産間近の妊婦のみなさまは、「前駆陣痛」という言葉はご存知でしょうか。

「ぜんく?じんつう?読み方合ってる?」なんて思われた方!実は私もそうでした。そして、出産直前に身をもって体験するまで、それが「出産が近づいている合図の一つ」ということぐらいしかわからないままでした。

今回はこの「前駆陣痛」について、友人や私自身の経験談を踏まえながら、お伝えしたいと思います。

INDEX

「前駆陣痛」いつから?どんな痛み?張りとのちがいは?

陣痛には「前駆陣痛」と「本陣痛」との2種類があります。「前駆陣痛」は「偽陣痛」「練習の陣痛」とも呼ばれ、ママの体が出産への準備をしているという合図。一般的に前駆陣痛は妊娠後期に始まることが多いようですが、なかには妊娠中期に始まる人も。初産でない場合は、さらに少し早く始まることもあるようです。

前駆陣痛には多かれ少なかれ痛みを伴う場合が多く、腹部が締め付けられるような痛みや、生理痛のような痛みに似ていると言われています。腰の方に痛みを感じる人もいますし、痛みはなくても胃や腸が締め付けられる感覚、また、下痢や便秘のようなお腹の張りを感じる人もいるようです。

このような痛みや体調の変化は、赤ちゃんが大きくなるにつれ子宮も大きくなるため、胃や腸が圧迫されることが一つ。また、出産に備えるために分泌されるホルモンの変化により腸が活性化することが挙げられます。

前駆陣痛の間隔は不規則ですが、ずっと痛みが継続するわけではなく、痛みが治まるときがあります。また、動いたり体勢を変えたりすることで、痛みが治まるケースも。もしずっと痛みが継続するようなら、それは前駆陣痛ではなく、お腹が張っている状態で、母体と胎児の間に何か問題が起きているかもしれません。そのような場合は、母子の命に係わる危険性もあるので、すぐに医療機関を受診しましょうね。

たとえ緊急性を要する事態でなかったとしても、お腹の張りは赤ちゃんの成長を妨げることがあります。動きすぎたり無理をしたりしてお腹が張ってしまったときは、座ったり少し横になって休んだりするなど、リラックスをして、お腹の張りが治まるように努めましょう。

ズキズキ?チクチク?前駆陣痛はどんな痛み?

陣痛

夜中にお腹が痛み出した友人。陣痛だと思い、間隔を計ってみると5分間隔。痛みも強くて不安に思い、助産院に連絡。すると院からは「朝になったらシャワーを浴びて朝食をしっかり摂って来院してください」と言われたのだそう。でも、彼女は痛みと不安でそんな余裕もなく、翌朝シャワーも浴びずに病院へ向かいました。

しかし、診察した助産師からは「前駆陣痛じゃない!まだ全然子宮口開いてないわよ!旦那さん、仕事に行っていいわよ、まだ生まれないから」と半ば怒られ、同行していたご主人はそのまま会社に向かったそうですよ。

「今思えば、痛みはキューッとなるような生理2日目の酷いときの痛みに近かったかな」と話す友人。彼女のように、思い返してみればそれほど激痛ではなかったのだけど、当時は「ついに本陣痛が来た!」と勘違いしてしまうほど強い痛みに感じる人もいるようです。それは、「初めての出産」という不安や、まだ経験がないため比較できる痛みがなく、冷静に判断できないことが大きな理由といえるでしょう。

本陣痛と勘違いして病院から帰される人多数!先輩ママが教える前駆陣痛と本陣痛との違い

前駆陣痛を本陣痛と勘違いし、まだ本陣痛でないからという理由で 病院から帰されたり、電話で来院を断られたりしたことはありますか?

上記のアンケート結果を見るとわかるように、出産経験のあるママたちのうち、3分の2以上の人が前駆陣痛を経験。そのうち、前駆陣痛を本陣痛と勘違いし、まだ本陣痛でないからという理由で病院から帰されたり、電話で来院を断られたりしたことがある人は40%に至ることがわかりました。

初めての出産であれば、お腹の痛みが前駆陣痛なのか本陣痛なのかわからなくても無理はありません。それが正産期の時期に入っていれば、「本陣痛かも」と、なおさら焦ってしまいます。とはいえ、前述の友人のように、大騒ぎして病院に向かったのに本陣痛でなかった、というのも少々の恥ずかしさはあるものです。このような事態をできるだけ回避できるように、先輩ママたちの経験談を以下にまとめました。妊婦のみなさま、ぜひご参考になさってください。

<前駆陣痛>
・生理痛に似ていて、それほど強くはなく、我慢できる痛み。
・強い生理痛程度で、本陣痛のように次第に強くなっていくことはない。
・子宮の収縮を感じるが、ドーンッという腰から来るような強烈な痛みではない。
・痛みの間隔が不規則。
・ご飯を普通に食べたり、テレビを観たりとリラックスできる余裕がある。

  

<本陣痛>
・子宮収縮のお腹の痛みに加え、腰の側からお腹の中を蹴られるような、ドーンッという強烈な痛みがある。
・痛みの間隔は規則的で、その間隔は回数を重ねるごとに短くなり、痛みそのものも次第に強くなっていく。
・痛みが強いため、通常の状態のようにリラックスできず、気を紛らわそうと観ているテレビの内容も頭に入ってくる余裕はない。また、就寝時間であっても眠ることもできない。
・時間が経つにつれ、痛みが腰から肛門のほうへ降りていく。
・どんどん汗ばむ。(それぐらい、強い痛みに耐えるため。)
・笑う余裕がない。

  

私自身の経験を振り返っても、前駆陣痛と本陣痛では痛みの「強さ」が全く違いました。本陣痛は、もちろん笑っていられる余裕なんてありませんでしたよ!

今だから笑える!先輩ママの前駆陣痛エピソード

出産

上記のアンケートにあるように、前駆陣痛を本陣痛と勘違いし、病院から帰されたり、来院を断られたりする人は結構います。実は私もその一人です。
ここからは私の、陣痛を我慢しすぎて危うく自宅出産になりかけたエピソードをお届けします。

出産予定日が近付いたある朝、お腹に生理痛のような痛みが。前日におしるしがあったこともあり、我慢できないほどの痛みではないので「前駆陣痛」かな、と思いながらも不安に思い、産婦人科に連絡。たまたま休日だった夫と一緒に診察室に入るやいなや、先生にこう言われました。

「ああ、前駆陣痛だね。本当の陣痛じゃないね。本当の陣痛だったらそんな笑顔なんて見せられないから。けっこういるんだよ、ちょっと痛いだけで何回も病院に来る狼少年みたいな方が(笑)」

先生は冗談のつもりでしょうが、狼少年って、ねぇ…。

「ご主人も覚えておいてね、本当の陣痛が来たらこんなに笑っていられないんだから!険しい酷い顔になって、髪の毛がまとわりつくほど首が汗でベタベタになりますよ」

と続けます。さらにさらに、診察室を出るときには
「痛みが我慢できなくなるまで来なくても大丈夫だからね~」と念を押されました!

帰宅後はゆっくり過ごしました。
間隔は不規則ではあるけれど、前駆陣痛が止むことはありませんでした。そして、そろそろ就寝しようと思い布団に横になった後、急にどんどん痛みが強くなり、眠りに入れず…。
それでも、あの先生の言葉が頭をよぎり、一晩中痛みに耐えました。横になっていても眠れないし、気も紛れないので、リビングでテレビを観ていました。いや、観ていたというより眺めていたと言ったほうが正しいかも…。

陣痛らしきものが来るごとに痛みが増し、あれ、今度は水が出ているような…。破水?と疑いながらも、とりあえずナプキンをあてて様子見。

すると、次の痛みの波が来たと同時にジャーッと何かが出ました。おしっこを漏らしてしまったのかなと思い、痛みが治まったのを見計らいトイレへ。おしっこではないようだし、破水かな?と不安になりながらもリビングに戻って再び様子見。

みなさん、不思議に思われますよね。どうして私が破水に気付かなかったのかと。

その日、受診したとき膣の中を消毒したので、先生から「今消毒したから水っぽいものが出てきても破水じゃないから心配しないでね」と言われていたからです。

そして痛みは激痛といえるほどにまで達し、翌朝6時に産婦人科に連絡。タクシーで向かい、到着から2時間で出産となりました。

病院への連絡は夫にお願いし、一緒に病院に向かったのですが、夫から

「出産準備のカバン持ってくよね?」と聞かれても、私は「わかんない!まだ出産かわからない!めっちゃ痛いけど!」と返事しました(笑)。

激痛でもう我慢できないと思い、ひとまず病院に連絡してはもらったものの「まだ我慢できるかも、先生は我慢できなくなるまで来なくていいって言っていたし、まだ本当の陣痛ではないのかも…」という思いがまだあったからです。

でもその後、2時間で生まれたのだから、あれは本陣痛だったのでしょうね。カバンを持ってきてくれた夫に感謝です。

学生時代、体育会系の部活で忍耐強さを培ってきた私。普通ならとっくに限界レベルの痛みが来ていたのかもしれませんが、「狼少年にはなりたくない」「まだ前駆陣痛かもしれない」という気持ちもあり、ギリギリまで自宅で痛みに耐えてしまいました。

あのとき、病院に向かうという判断ができて本当に良かったです。もしそのまま耐えてしまっていたら、自宅で赤ちゃんが出てきてしまっていたかも…と本気で思います。
今思えば、なぜあれほどの痛みを「本陣痛」だと確信できなかったのだろうと笑ってしまいますが、初めてのことは本当にわかりませんね。

私はこう乗り切った!経産婦に聞く前駆陣痛攻略法

妊婦

先にも述べた通り、前駆陣痛は、身体が出産に向けての準備をしている証拠です。私自身、前駆陣痛が起きたのは出産予定日の一週間ほど前。もういつ生まれてもおかしくはない時期に入っていたので、「安静に過ごすこと」を心がけました。当時自宅にソファがなかった私は、座椅子にもたれかかるように座り、テレビを観たり夫と会話をしたりして痛みを紛らわせていました。また、痛みそのものは生理痛に似ていたので、いつもの生理痛のときのように、手をお腹にあてて温めたりしました。温めると痛みが和らぐように感じました。

ちなみに、私の友人は逆でした。助産院で、前駆陣痛だと言われ追い返された例の友人の話ですが、彼女は助産師からのアドバイスで、とにかく動くように言われたそうです。院内の階段を上り下りしたり、スクワットや外を散歩したりして、痛みを紛らわしながら、本陣痛を促すように努めたとのことです。

前駆陣痛が始まったら安静にするべきか動くべきか、判断が分かれるところですね。個人差はもちろん、前駆陣痛が起こる時期にもよるのかもしれません。まずは担当医に相談し、助言を聞くと安心ですね。

もうすぐ赤ちゃんに会えるという嬉しさとちょっとの不安がよぎる「前駆陣痛」。

経験の有無も含めて個人差が大きいものですが、参考になるエピソードはありましたでしょうか。プレママにとって、妊娠から出産まで全てのことが初めての経験ですよね。疑問や不安に思ったことはそのままにせず、先輩ママの経験談を聞いたり、医師に相談したりして、母子ともに出産に向けてストレス少なく過ごしたいものですね。

関城玲子

関城玲子

プランナー
詳細を見る

初産では見極めにくい“前駆陣痛”のサイン。私は前駆陣痛どころか、本陣痛にも気づかなかったタイプ。「なんだかお腹が痛いんですけど、整腸剤って飲んでもいいですか?」とクリニックに電話したところ、勘のいい助産師さんに「いいから今から来て!」と。えー、大丈夫だけどなーと思いながらも診察を受けると陣痛がすでに来ていて、そのまま即入院→出産となりました。あの時、電話しなかったらどうなっていたのか(笑)。今ではすべてが良い思い出です。

Like
8
やまかわめぐみ

やまかわめぐみ

ライター
詳細を見る
週一フィットネス&月2~3のスポーツ、体を動かすのが好きな二児の母です。第一子を出産後、社会復帰していなかった私。 子どもの手が少し離れた最近は自分のできることを模索中。心得は、無理せず日々前進!
SHARE