女性のライフスタイルと密接に関係!知ってるようで知らない女性ホルモンの秘密 | NAKED.(ネイキッド)

女性のライフスタイルと密接に関係!知ってるようで知らない女性ホルモンの秘密

Written by 白取朝予

女性が女性らしく美しく健康に過ごすために欠かせない女性ホルモン。みなさんはこの女性ホルモンについてどれくらい知っていますか?
今回は女性ホルモンのはたらきについて詳しく見ていきましょう。

INDEX

意外と知らない!?女性ホルモンとそのはたらき

女性ホルモンとは主に卵巣から分泌されるホルモンのことで、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の2種類があります。この2つのホルモンが約1か月の周期で増えたり減ったりすることで、排卵や月経が起こっているのです。

ちなみにホルモンとは実体がないと思われがちですが、小さいながらも形のある物質で、血液中に分泌され、血液によって体内を巡っています。
  
【エストロゲン】(卵胞ホルモン)

生理が始まってから排卵するまでの間に多く分泌されるホルモンです。
妊娠に必要な卵胞を、受精ができる卵へと成長させるために作られています。また、異性へのアピールの手助けもしてくれるんですよ。例えば、女性らしい体つきにしたり、ハリと艶のある綺麗な肌を作ったりする手助けもしています。
他には、骨密度を高くしたり、動脈硬化の予防、月経周期をコントロールしたりするなど、女性の健康を守る大切な働きをしています。

  
【プロゲステロン】(黄体ホルモン)

排卵から生理の間に多く分泌されるホルモンです。
エストロゲンは受精前の妊娠準備の手助けでしたが、プロゲステロンは受精した卵が赤ちゃんに成長するために働いてくれます。子宮内膜を厚くして妊娠の継続を手助けしたり、おりものにより細菌の侵入を防いで感染症の予防もしたりしています。
着々と妊娠出産の準備を進めるホルモンといえますね。

女性ホルモンがもたらすカラダの変化。男性が摂取するとどうなる?

注射

生理、妊娠、出産という女性の重大イベントは女性ホルモンによって成り立っているんですね。また、女性が美しい体つき、美肌でいられるのも女性ホルモンの恩恵によるものだということがわかりましたが、この女性ホルモン、男性が摂取したらどのような変化をもたらすのでしょうか。

まず、エストロゲンの作用によってハリ艶のある肌になり、体つきも女性らしくなります。例えば、胸が膨らんできたり、お尻や太ももに脂肪がつきやすくなると言われています。

実際私の友人で、前立腺がんの治療の一環で女性ホルモンを摂取している男性がおり、胸が膨らんできたと言っていました。また、男性ホルモンの抑制により、性欲の低下、体臭が女性らしい香りに変化、筋肉の減少などがみられるようです。その他、髪質が細く柔らかくなったり、体毛が減少したりするという変化も。(*いずれも個人差あり)

前述の友人のように、前立腺がんなど男性特有の病気の治療にも使われている女性ホルモン。女性ホルモンは、女性に限らず男性にとっても心強い存在であることがわかりますね。

女性ホルモンが減る?女性ホルモンと加齢の関係

困った女性

女性なら、誰もがいつまでも美しく若々しくありたいと思うものなのではないでしょうか。
前述の通り、女性ホルモンには女性らしい体つきにしたり、肌をきれいに保ったりする働きがあります。では、歳をとっていくと、女性ホルモンの分泌量はどうなるのでしょうか。

悲しい現実ですが、加齢とともに女性ホルモンの分泌は減少していってしまいます。
初めて生理がきた時のことを覚えていますか?女性は十代のころから徐々に女性ホルモンの分泌が始まり、生理が始まってから数年間で一気に増加します。この時期が「思春期」ですね。思春期って、わけもなくイライラして親や先生に反抗したり、まだ子どもなのに大人ぶってみたり。精神的に安定しなかった人も多いのではないでしょうか。

実は、女性ホルモンの分泌量が急激に変化する時、女性はこのようにデリケートになってしまいます。ホルモンのバランスが急激に崩れるわけですから、こうした現象は自然なことだったのです。

思春期が始まってから30年以上、卵巣がしっかり働いてくれて規則的に生理が来るわけですが、40代頃から徐々に卵巣が疲れてきて、生理周期に乱れが出てきます。つまり、女性ホルモンの分泌が不規則になってくるということですね。そして生理不順を繰り返すようになり、50歳前後で卵巣の働きが止まり、生理もまったくなくなります。これが閉経です。(*症状や閉経の年齢など個人差あり)

こうして再び女性ホルモンの分泌量が急激に変化する時期がやってくるのです。今度は女性ホルモンが増えるのではなく、減少するという変化ですね。

この時期が「更年期」です。

思春期と同様にホルモンバランスが急激に変化する更年期。更年期障害という言葉をよく耳にしますが、女性がデリケートになってしまうのには理由があるのですね。

サプリ?食事?恋愛?女性ホルモンって増やすことができるの?

さて、女性が美しく健康であるために欠かせない女性ホルモン。すでにお伝えした通り、女性ホルモンは卵巣の働きが鈍くなると分泌がスムーズに行われません。

逆に、卵巣を元気にすれば女性ホルモンも分泌されやすくなる可能性が広がると言えそうです。卵巣を元気にするためには、まず、体を冷やさないことが大切。体が冷えると血液の巡りが悪くなり、卵巣の働きが鈍くなってしまうからです。体を温めて血液の巡りを良くすることによって、卵巣に十分な栄養が送られ、女性ホルモンがスムーズに分泌されるのです。

ここで運ばれる血液にも目を向けてみましょう。血液は毎日の食事から作られているので、食事内容を見直すことも大切です。

特に、たんぱく質、ビタミン、鉄は必要不可欠。たんぱく質を含む食材を摂る際は、脂質の多い肉を避け、赤身の肉や鶏肉、豆類を中心にするなど、脂肪の摂りすぎに注意したいですね。ビタミン類も大切な栄養素ですが、なかでもビタミンEは女性との関わりが深いと言われています。アーモンドなどのナッツ類やアボカド、青魚などに多く含まれていますので、積極的に摂りたいところです。また、にんじん、ほうれんそう、かぼちゃなどのビタミンA、かんきつ系の果物、葉野菜やピーマンなどに含まれるビタミンCは、肌を綺麗にする働きがあり、傷ついた箇所を修復するという嬉しい働きも。ちなみに、体をめぐる血液そのものを増やすためには鉄(赤身の肉、赤身の魚、貝類、大豆製品、小松菜、切り干し大根など)を摂ることも大切だとも言われています。

こうした栄養素は毎日積極的に摂取するのがベストですが「忙しくて、バランスのとれた食事を毎食摂るなんてムリ!」というときは、サプリメントで補うのも一つの手からも知れません。最近では、コンビニでも様々な種類の女性向けのマルチビタミンサプリを目にするようになりましたね。

さて、食生活の見直しができたら、その栄養素を卵巣にスムーズに届けてあげたいもの。そのためには体を動かして、血の巡りを良くすることが大切です。急に激しい運動をするのではなく、毎日10分間だけウォーキングをするなど、無理なく続けられる方法を見つけましょう。

このように、女性ホルモンを増やすには血流を良くすることが大切で、そのためには質の良い食事と適度な運動が大切だということがわかりました。ちなみに、恋愛すると女性ホルモンが増えるような気がしますが、恋愛をしていない時期ももちろん女性ホルモンは分泌されています。実際、恋愛と女性ホルモンの関係は医学的には根拠がないと言われているようです。とは言え、私もかつては恋をすると化粧ノリも良くなった気がしたし、いきいきしていた気がします。(母親に「今、好きなひとがいるのね」と毎回バレていたほど…!)

個人的には、女性が美しくいるために、やはり素敵な恋愛も大切なサプリのはず!と、私は信じています(笑)。

バランスが大切!女性ホルモンとの上手な付き合い方

キャリアウーマン

女性の体に大きな影響をもたらす女性ホルモンですが、女性ホルモンのバランスが崩れると健康のリズムが崩れてしまい、生理不順や頭痛、肩こり、むくみといった体の不調として現れることがあります。

女性ホルモンにはエストロゲンとプロゲステロンがあると述べましたが、この2つはどちらもそれぞれ違う役割を持っており、どちらが多く分泌されている時期かによって、女性の心や体に変化が起こることが分かっています。

悩む女性も多い生理前の不調、通称「月経前症候群(PMS)」も、女性ホルモンのサイクルに大きく関係していると言われています。生理前のイライラやヒステリーも病気ではなく一過性のものであることが多いので、「今はその時期なんだ」とゆったり構えてみるのも良いかもしれません。

女性の生活と切っても切り離せない女性ホルモン。私たちがいつまでも美しく輝き続けるために、その知識と理解を深め、女性特有の体調の変化とも上手に付き合っていきたいものですね。

立花あゆ

立花あゆ

フリーランスライター
詳細を見る

女性ホルモンって減る一方で、増やすことはできない事実は、薄々わかっていたものの、ショック。生理や、時々謎にやってくるイライラなどはわずらわしいと感じていたけれど、肌や髪のハリやツヤ、病気までも女性ホルモンに守られていてありがたいことなんだなぁ、と実感。バランスの良い食事、睡眠、適度な運動、ストレスを溜めないなど基本的な生活がいちばん。女性として、自分の体についてきちんと正しいことを知ることって大事ですね。

Like
12
金井さん

金井さん

ネイリスト
詳細を見る

女性にとってホルモンバランスの乱れからくる症状はきってもきれない存在。
人や年齢によっても症状は様々ですが、自分なりにどう付き合っていくかが重要だと思います。色彩心理学では青色は心身を落ち着かせてくれる色とされています。
例えばホルモンバランスが乱れがちな時期には、ネイルのカラーをブルー系にしてみると常に目につくところにブルーがあるので、少しを気持ちが穏やかになるかもしれません。
身体のむくみ、頭痛、腰痛などは食べ物やサプリメントなど普段の生活の中で改善し、PMS(月経前症候群)のような気持ちの症状は身につけるところにブルーを取り入れてみるといいかもしれないですね。

Like
10
白取朝予

白取朝予

ライター
詳細を見る
日本女子大学卒業後、大手保険会社に勤務。結婚出産を経て専業主婦となるが、昔から好きだった「書くこと」に携わるべくライター業をスタート。ガーデニングやインテリアなど、素敵な生活空間を作ることが趣味の2児の母です。
SHARE