履くだけで美脚見え!素足ライクなおすすめ優秀ストッキング最前線 | NAKED.(ネイキッド)

履くだけで美脚見え!素足ライクなおすすめ優秀ストッキング最前線

Written by NAKED編集部

仕事やプライベートなど、普段なんとなく履いているストッキングですが、実はメリットがたくさんあります。そしてストッキングと一口にいっても、履き心地やコスパ重視派など人によって選ぶ基準はそれぞれ。そんな選び方に応えるように、メーカーではさまざまなストッキングを制作し販売しています。今回は身近でありながらも、あまり良く知られていないであろうストッキングの解説や、ストッキングの選び方、メリットやデメリット、そして人気のストッキングをご紹介します。

INDEX

ストッキングはなぜ必要?着用するメリット・デメリット

オフィスの女性の脚
  

働く女性にとってストッキングは必需品ですが、これは一般常識として「生足はマナー違反」という理由で履いていることが多いです。生足がマナー違反というのは「足元に気を遣っていない」と考えられるからですが、ストッキング着用マナーは日本独特のもので、諸外国では素足でもマナー違反に問われることはありません。

日常生活でもストッキングをよく履く女性は多く、理由は「肌や脚が綺麗に見えるから」という人が多いです。このような理由からか、最近は若い女性の間で、オシャレを楽しむためにデニムパンツなどのカジュアルな服装にストッキングを合わせる、クルーソックスの下にストッキングを履くといった組み合わせが増えています。この他にもストッキングを履くことで得られるメリットは多数ありますが、同時にデメリットも存在します。
  

〇ストッキング着用のメリット

大きく分けると3つのメリットが挙げられます。
  

・脚を綺麗に見せることができる

まず挙げることができるのは「足が綺麗に見える」ことでしょう。ストッキングを履くことで肌色のムラをカバーしつつ、透明感のある自然な肌色を表現できます。
  

・日焼け対策ができる

紫外線は太陽の光に含まれているので、一年を通して対策が必要です。最近のストッキングは紫外線吸着剤を使用しているものが多いです。UV対策が施されている商品は肌に届く紫外線の量を減らしてくれるので、履くだけで簡単に日焼け対策ができます。
  

・足を引き締め、むくみを解消する

これは「着圧タイプ」のストッキングになりますが、足首から太ももにかけて程よい圧迫感があります。きつすぎず程よい圧力がかかることで、脚全体を引き締める効果が期待できます。また、脚だけでなく下腹部やヒップラインまでカバーしている物も多く、女性らしい綺麗なラインを作ってくれます。
  

〇ストッキング着用のデメリット

ストッキングのメリットだけでなく、デメリットもしっかりと理解したうえで、自分に合うストッキングを選ぶ必要があります。
  

・圧迫感が強くなる

着圧タイプのストッキングを着用し、さらに加圧タイプのハイソックスなどを重ね履きしてしまうことで圧力が強くなります。このような場合、しゃがむ・正座するといった脚に負荷のかかる姿勢をとると、脚や腹部の血流が止まりやすくなる可能性があります。着圧タイプのものは重ね履きしない・自分に適切なサイズのものを選ぶ必要があります。
  

・汗をかきやすく足が蒸れやすい

夏場や通気性の悪い靴・ブーツを履いているときなどは汗をかきやすいため、ストッキングを履くことで足裏が蒸れてしまい、汗をかきやすくなります。
  

・靴下と比べると滑りやすく伝線しやすい

ストッキングはナイロン素材を使用しているため、フローリングの上などを歩くと滑りやすいですし、パンプスなどの中でも足の裏が滑ってしまうことがあります。また爪などで少し引っかけただけでも伝線してしまうというデメリットがあります。
  

○ストッキングの上手な選び方

ストッキングは色やサイズなど、これからご紹介するポイントを押さえて選ぶ必要があります。
  

・肌の色に合ったものを選ぶ

脚を引き締めて見せるためには、自分の肌色よりワントーン濃い色のものを選びましょう。このとき、腕の内側の色で合わせると失敗しにくいです。可能ならサンプルを見て比べるようにしましょう。
  

・サイズ表記の見方

ストッキングのサイズ表記は、具体的な数字ではなくS~M、M~Lという表記になっています。この表記は大きいサイズに近い作りになっているため、S~MならMに、M~LならLサイズに近いと覚えておくと便利です。
  

・圧力や質感を確認する

程よい圧力で足のむくみ防止・美脚効果のあるストッキングは、長時間履いていることで疲れが出ることもあります。自分が履いていて圧力がきつくないものを選ぶ、コーデに合わせて圧迫感のないものを選ぶことがポイントです。商品によって質感も変わるので、自分の好みのものを選びましょう。
  

・伝線しにくい商品を選ぶ

お気に入りの商品でも、伝線しやすいものだと履くときに爪を引っかけてダメになることも多いので、伝線しにくい・伝線しても広がらないとうたったものを選ぶようにしましょう。
  

・夏は蒸れにくいものを選ぶ

気温が高く汗をかきやすい夏は、どうしても足が蒸れてしまいがちです。ストッキングは「ゾッキタイプ」と「交編タイプ」があるのをご存知でしょうか?汗をかきやすく蒸れやすい夏は、交編の物のほうが肌当たりは軽いため、汗ばんでいてもストッキングが履きやすいです。
またパンティ部分の編み方がメッシュ編みになっているもの、脚底やパンティ部分に綿を加えて吸湿性を高めたものなど、季節にあったものを選ぶことで蒸れや汗を軽減することができます。

30代は知っておくのがマスト!ストッキングのTPO

結婚式の女性
  

ストッキングはさまざまなデザインや色のものがあり、TPOに合わせたものを選ぶ必要があります。今回は冠婚葬祭、そして面接や会社訪問にあったストッキングについてご紹介します。
  

〇結婚式

華やかな結婚式のときには、無地でベージュのものがおすすめです。コーデに華やかさをプラスするために、足首にワンポイントのあるものや、光沢のあるものを選ぶとよいでしょう。
海外でのウェディング参列などの場合は、より素肌に見えるものを選ぶと洗練されます。
  

〇葬儀

葬儀のときは「無地で黒色」かつ「肌が少し透けて見える色の濃さ」のものが基本となり、タイツのように濃すぎる色はNGとなります。紺や茶のストッキングは周囲が黒いために目立ってしまいます。ただし会葬者の場合、準喪服ならば肌色でもOKだと考える人もいます。また、急な葬儀などの場合は略喪服でグレーなどでもOKということもありますが、基本は黒のストッキングとなります。
  

〇面接・会社訪問

新卒者や転職で就活を行っているときの面接では、黒いストッキングはマナー違反とされています。「黒」は暗いイメージがあり、お悔やみを連想させるとされているため、縁起が悪いと思う人もいるためです。面談やビジネスでお客さまや取引先を訪れる場合は、基本はベージュのストッキングとなります。

素足よりも断然キレイ!メリット別人気ストッキング

女性の美脚
  

ここからは、ストッキングのメリット別に人気商品をご紹介していきます。
  

【とにかく細見え!着圧タイプ】

着圧タイプのストッキングは、ボディラインを細く綺麗に見せてくれるという特徴があります。人気商品は次の3つです。
  

○ワコール success walk CV9

着圧機能のあるストッキングは丸まりやすいですが、CV9は丸まりにくい構造で、脚だけでなくお腹周りもサポートしてくれます。伝線しにくく、マットな質感となっている商品です。

・カラー:ナチュラルベージュ・クリーミーベージュ・ハニーピンク・サンタンブラウン・カシュブラウン・マロンクレール・ブラック
・値 段:1,377円(税込)
  

○ATSUGI ストッキングATSUGI 圧

ATSUGIの「圧」は、太ももの加圧が軽めなので長時間履いていても足が疲れにくいです。メリハリのあるボディを作りやすく、滑らかな肌触りで履きやすいという特徴があります。

・カラー:フレッシュベージュ・ヌーディーベージュ・スキニーベージュ・ベビーベージュ・シアーベージュ・シェリーベージュ・ヘイズグレー・ブラック・コスモブラウン
・値 段:1,680円(税込)
  

○GUNZE SABURINA Shape fit

「SABRINA Natural fit」は、ナチュラルな質感のあるストッキングです。下腹部分はストレッチ設計になっているため締め付けを感じさせず、履き心地もよいです。

・カラー:ヌードベージュ・ナチュラルベージュ・ピュアベージュ・パールベージュ・エクルベージュ・ハニーベージュ・マイルドグレー・サンタンブラウン・バーモンブラウン・ブラック
・値 段:459円(税込)
  

【長時間勤務もOK!リラックスタイプ 】

ストッキングは一日履いていることが多いので、脚に負担をかけにくいものを選びたい場合は長時間履いていても疲れにくく、オフの日などにリラックスしやすいこちらの商品がおすすめです。
  

○ランバンコレクション パンティストッキング

ナチュラルな質感なので、普段使いはもちろん、仕事やパーティなどでも使いやすいです。圧迫感が少ないのにしっかりと肌にフィットしてくれます。

・カラー:ボレーヌ・メナール・ロアンヌ
・価 格:1,080円(税込)
  

○無印良品 3足組ストッキング ソフトサポートタイプ

締め付けが苦手な人でも気軽に履くことができるストッキングです。つま先に切り替えがないので、履きやすく洗濯にも耐えてくれます。

・カラー:クリアベージュ、ヌードベージュ、ナチュラルベージュ
・価 格:3枚799円(税込み)
  

○セシール ノーサポートタイプ パンティストッキング

セシールの中でも人気の高いノーサポートタイプは、程よく肌にフィットするのでリラックスしたいときにおすすめです。伝線しにくく、コスパがよいという特徴があります。

・カラー:ホワイト・シルクベージュ・ライトベージュ・チャームベージュ・アイボリホワイト・チャームピンク・バフブラウン・ペールベージュ
・価 格:853円~1,933円(税込)
  

【コスパ派は必見!伝染しにくいタイプ】

ストッキングはさまざまなシーンでたびたび活躍するアイテムなので、やはりコスパを優先したいもの。コスパを優先しつつも素材や作りのしっかりとしたものを選びたいのであれば、次の3つがおすすめです。
  

○GUNZE ストッキング サブリナ

面接やビジネスシーンでご紹介したサブリナは、コスパがよいという点を優先する人にもおすすめです。椿オイルを配合しているため、履き心地もよくさまざまなシーンで脚をしっかりと綺麗に見せてくれます。

・カラー:パールベージュ・ピュアベージュ・ナチュラルベージュ・エクルベージュ・スキンベージュ・ヌードベージュ・バーモントブラウン・サンタブラウン
・価 格:500円~(税抜)
  

○セブンイレブン すっきり美脚

セブンブランドのストッキングは2足入りで、適度な着圧加工が施されており透明度が高いストッキングです。穴が開いても伝線が広がりにくく、米ぬかから抽出した天然保湿成分を使用しているので肌触りもよく履き心地もよいです。

・カラー:ヌードベージュ・ナチュラルベージュ・バーモンブラウン・ブラック
・価 格:598円(税込み)
  

○Fukusuke Manzoku 《伝線しにくい》ノンラン ストッキング

1足540円という高コスパながら、特殊な編み方で締め付けを感じさせず程よくゆったりとボディにフィットします。伝線しにくい設計なので、長く使用できます。

・カラー:ヌーディーベージュ・クリアヌード・サワーベージュ・ハニーブラウン・バーリー・ロゼワイン・シャドーグレー・ナイトネイビー・コークグレー・ブラック
・価 格:1,620円 (税込)

似合うストッキングを見つけて、オシャレと美脚を叶えよう!

街を歩く女性の脚
  

普段何気なく使っているストッキングは脚を綺麗に見せるだけでなくUV効果があるものは肌へ伝わる紫外線を減らし、着圧加工のものは脚を細く見せるなどさまざまな効果があります。

しかし、ストッキングは汗をかきやすいため蒸れやすく滑りやすい、さらに着圧加工のものは窮屈さを感じることもあります。ストッキングの選び方をしっかりと理解したうえで、自分に合っていて、かつTPOに合わせたストッキングを選ぶことで、オシャレ度もグンと上がります。自分の肌色に合わせ、窮屈さを感じないものを選んで、毎日のオシャレに活用していきましょう。

NAKED編集部

NAKED編集部

ライター
詳細を見る
大人の女性がキレイになるための美容情報、恋愛やSEXの悩みなど女性の健やかなカラダと美しさの礎となるセンシュアルな情報をありのままに発信します。
SHARE