今さら聞けない女性のドレスコード"スマートカジュアル"の正解とは? | NAKED.(ネイキッド)

今さら聞けない女性のドレスコード“スマートカジュアル”の正解とは?

Written by NAKED編集部

カジュアルなパーティーなどの場合、「スマートカジュアルでお越しください」という招待を受けるケースが多くなってきています。
フォーマルでもなくカジュアルでもない、スマートカジュアルというものがどういったものなのか、実はあまり分からないという人もいるのではないでしょうか?
  

スマートカジュアルと聞くとカジュアルな服装でいいのかと思われるかもしれませんが、そうではありません。
スマートというフレーズが表す通り、普段よりもフォーマル寄りの服装のことを指します。
よって、ちょっとおしゃれなワンピースなどを選ぶことになりますが、あまりフォーマルすぎると逆に浮いてしまうかもしれません。
  

小物の合わせ方もつま先が見える靴はNGなど注意点があるので、今回は、スマートカジュアルにおすすめの服や、それに合わせた小物の選び方をご紹介します。
  

INDEX

ドレスコード?スマートカジュアル?まずは言葉の意味を知ろう!

女性が腕を組んで考えている様子
  

〇ドレスコードとは

ドレスコードは簡単に言うと服装の基準やマナーを指すものであり、その場に相応しい「格」の服装ということになります。

最も格式が高いものは「フォーマル」で、正装を意味します。
次に準正装となるのが結婚式に招待された際のスタイルとなる「セミフォーマル」です。
平服でいいとされた場合は略礼装となる「インフォーマル」となりますが、平服といってもフォーマルであることには変わりなく、二次会やドレスコードのあるレストランなどの場におすすめです。
フォーマルに近く、ドレッシーで身なりをきちんとする場合は「スマートエレガンス」になります。
カジュアルウェディングであれば、このスマートエレガンスが良いでしょう。
スマートエレガンスよりもさらにカジュアルになれば「カジュアルエレガンス」となり、ドレッシーなワンピースにジャケットなどを羽織るような形になります。よりカジュアル寄りとなるのが「スマートカジュアル」で、カジュアルとセミフォーマルの中間に位置します。
  

〇スマートカジュアルとは

スマートカジュアルは普段着ではなく、言わばちょっとしたお出掛け用の服です。普段着の枠からは外れるので、普段のお出掛け用の服ではなく、ドレッシーながらもスマート(知性)さが感じられるものを指します。
女性アナウンサーの服装をイメージすると良いでしょう。

例えばスマートカジュアルで、と招待を受けた際、Tシャツやジーンズといったカジュアルな服装は完全にNGです。
もちろん靴もスニーカーではいけません。スマートカジュアルであれば、ワンピースやスカートにブラウスといった服装にするのが正解です。

自由度は高いので、場所や場面に合わせてオシャレを楽しんでみてください。
  

〇スマートカジュアルが望ましいシーン

スマートカジュアルが適しているシーンは同窓会などだいたい決まっています。指定がない場合は以下の場面でスマートカジュアルが適用されると覚えておきましょう。
  

・同窓会にお呼ばれされたとき

同窓会はスマートカジュアルで参加するのが普通となります。ほどほどにオシャレをして行くことで、久々に会う人への礼儀にもなります。華やかな格好をすると輝いて見えるので、明るめの服装で行くといいでしょう。
  

・高級ホテルなどのレストランでの食事

記念日にワンランク上のレストランを利用するカップルもいるのではないでしょうか。ビジネスではなくても、何かの折に高級ホテルのディナーを利用することもあります。このとき、清潔感のない服装や露出度の高い服装で行くのはNGです。特にホテルという場所はドレスコードを確認したほうが良いでしょう。カジュアルよりもキレイめの恰好でとされていたら、スマートカジュアルなファッションがベストです。
  

・会社のパーティーや式典への出席

ビジネスの場であってもパーティーや式典となると、スーツで行くのはちょっと場違いになってしまいます。
かといってドレスを着ていくほどの式典ではないということであれば、スマートカジュアルの出番です。
きちんと感を出しつつ清潔感のあるシンプルなドレスを着て、さらにアクセサリーを付ければ華やかな雰囲気を出せます。
  

・結婚式の2次会で指定がないとき

結婚式の2次会は通常、スマートエレガンスとなりドレッシーな服装をすることが多いです。
しかしドレスコードが指定されていない場合もあり、どの程度カジュアルにするべきかどうか迷うこともあるのではないでしょうか。
そのような2次会こそ、スマートカジュアルの出番です。あまりドレッシーにする必要はありませんが、スマートカジュアルの中でもよりエレガントさのあるものを選んだほうが良いでしょう。

スマートカジュアルにおすすめの服・そぐわない服

服選びに迷う女性
  

〇スマートカジュアルにおすすめの服

スマートカジュアルの基本となる服と言えばワンピースですが、パンツスタイルなどもおすすめです。また、ワンピースの上に羽織りものを着るというのもスマートカジュアルにおすすめのスタイルです。
  

・ワンピース

スマートカジュアルの中で1番無難な服装がワンピースで、レースなどの付いたキレイ系のものを選ぶと華やかなシーンによく合います。
シフォン素材のものもおすすめで、エレガントさを出せるモノであれば問題ありません。
ただし、ニット素材はカジュアルすぎるので避けたほうが良いでしょう。
また、ノースリーブ自体はOKですが、リゾートで着るようなマキシ丈ワンピースはスマートカジュアルの基準から外れるので注意しましょう。
  

・パンツスタイル

普通のパンツではなく、上下がセットになっているセットアップであればドレッシーなものが多いので、スマートカジュアルとしてピッタリです。
また、セットアップのものではフォーマルすぎると感じる方は、トップスをきれいめなブラウスなどにすると少しカジュアルダウンできるので、シーンに合わせて活用してみましょう。
  

・ワンピース+羽織りもの

ワンピースの上に羽織りものを使ったスタイルも、スマートカジュアルにおすすめです。
ジャケットはもちろん、スマートカジュアルであればカーディガン、もしくはボレロのようなものを羽織ると、ほどよくカジュアルダウンできます。
また、大判のストールを羽織るというのも定番。ワンピースの色はシックなものを選ぶと地味になりがちなため、羽織には明るい色をチョイスすればパーティーといった華やかな場面で浮きません。また、羽織りものは大きすぎず小さすぎないジャストサイズを選ぶことで、よりスマートな印象を与えられます。
ただし、ニットなどの素材は毛玉などが目立ちやすいため避けた方が良いでしょう。
今季ならジャケットも新鮮で好感度な印象です。女らしいワンピースに、ハンサムなジャケットのコントラストが素敵です。
  

〇スマートカジュアルにそぐわない服

フォーマルより気軽なスマートカジュアルとはいえ、適さない服もあります。また、服の種類に加えポップな柄やニット素材などもスマートとは言えないので、柄や素材などにも気を付けましょう。
  

・デニム

デニム素材のものは、いくらオシャレであってもカジュアルすぎるためスマートとは言えません。
最近ではデニムOKのカジュアルな結婚式などもあるようですが、主催者からそうした服装でOKという明確な記載がない限り、避けた方が良い素材と言えるでしょう。
  

・露出の多い服(生足も含む)

パンツスタイル・スカートスタイル問わず、露出が多すぎると品がなく見えてしまいます。
例えば丈が短くて足が見えすぎてしまう、また生足、胸元を強調しているような服はエレガントとは言い難いです。
丈は膝丈程度のものを選び、ヌーディーカラーのストッキングを着用するようにしましょう。また、露出は少なくても身体のラインがはっきりと分かるような服も、スマートカジュアルのドレスコードから外れるので注意しましょう。
  

・シルエットが大きなデザインの服

体型が気になるため大きめの服を着るという方もいるかもしれませんが、シルエットが大きいものは野暮ったく見えてしまい、エレガントさを損なってしまうので、スマートカジュアルなスタイルを選ぶ際は、サイズ感には特に気を付けましょう。

小物にも気を付けて!スマートカジュアルにぴったりのファッション小物

おしゃれなバッグとパンプス
  

〇スマートカジュアルに合う小物

服だけではなく、アクセサリーやバッグなども全体の雰囲気づくりに重要な役割を果たすので、こうしたファッション小物もスマートカジュアルに合わせるようにしましょう。
  

・小ぶりなバッグ(クラッチなど)

大ぶりなバッグは野暮ったく見えてしまうため、せっかくエレガントに決めたスマートカジュアルの雰囲気を壊してしまいます。
大きくてもA4サイズが入るぐらいの大きさまでにとどめておき、できればクラッチバックなど小ぶりなものを選ぶようにしましょう。
さらにフリルやパールをあしらっているものであれば華やかさをプラスできます。
  

・3~7cmのヒールパンプス

スマートカジュアルに合わせる靴は基本的にヒールパンプスです。ただし、ヒールが10㎝など高すぎるものは品がなく見えてしまうので、3cmから、高くても7cm程度が品よく見えるうえ、歩きやすいのでおすすめです。
冬場はブーツでも問題ありませんが、ロングではなくショート丈で、エレガントなものをチョイスしましょう。
  

・ワンポイントで派手すぎないアクセサリー

女性であればシーンに合わせてアクセサリーをつけることも多いかと思いますが、スマートカジュアルなスタイルであれば、アクセサリーは大ぶりのデザインではなく、ワンポイントであまり主張の強くないタイプを選ぶようにしましょう。
エレガントさを損なわない上品なデザインのものがおすすめで、ワンポイントのシンプルなものはもちろん、1連のパールのネックレスを身に着けるのも良いでしょう。
  

〇スマートカジュアルにそぐわない小物

ファッション小物がそぐわないからといって入店を断られることはほとんどありませんが、あまりにスマートカジュアルにそぐわないものを身に着けてしまうと、全体的な品を落としてしまいます。
ここからは靴やアクセサリー類で、特にNGとされているものを見ていきましょう。
  

・つま先の見える靴

スマートカジュアルではサンダルやミュールといった露出のある靴はラフすぎるためおすすめできませんが、バックストラップがあるタイプなどでエレガントなデザインのものであればOKのシーンもありますので、場面に合わせて検討してみましょう。
ただし、ビジネスシーンでのパーティーなどオフィシャルな場では、やはり基本はヒールパンプスとなっているため、そうした靴をチョイスしたほうが安心ですし、コーディネートも生かせるでしょう。
  

・重ねすぎのアクセサリー

アクセサリーを何重にも重ねるといったスタイルはおしゃれですが、スマートカジュアルの場合は避けた方が良いでしょう。
できればシンプルなものが望ましいですが、2連のパールネックレスなども上品な雰囲気を演出できるためおすすめです。
  

・リュックサックや大きなセカンドバッグ

移動するのに便利だからと言って、リュックサックや大きなセカンドバッグを持って行くのはNGです。
どうしてももっていかなければならない荷物があるため大きなカバンが必要な場合は、クロークなどに荷物を預けて、小ぶりのバッグだけ持ち歩くようにすると良いでしょう。
  

・ストッキングはシンプルなものを

上述したように生足はもちろんNGですが、柄の入ったストッキングや、タイツ、レギンスはカジュアルな印象があるため避けた方が良いでしょう。
また、ストッキングも透け感のあるヌーディーなものが好ましいため、厚手のものやカラータイプはチョイスしないようにしましょう。

カジュアルとはいえ普段着ではないスマートカジュアル、事前のリサーチも重要

パーティーを楽しむ女性達
  

カジュアルという言葉に惑わされがちですが、スマートカジュアルは普段のお出かけ着とは異なり、エレガントなワンピースや小物選びなどが求められるスタイルと言えます。

とはいえ、あまり堅苦しいスタイルでもないため、この記事を参考に、シーンや主催者との関係性、参加者の顔ぶれなどを考えてアイテムを選ぶと良いでしょう。
もし主催者と相談しやすい間柄なのであれば、ドレスコードやシーン全体の雰囲気について、直接聞いてみるのもおすすめです。
シーンを具体的にイメージできるので、その場にピッタリのスタイルをチョイスできますよ。

NAKED編集部

NAKED編集部

ライター
詳細を見る
大人の女性がキレイになるための美容情報、恋愛やSEXの悩みなど女性の健やかなカラダと美しさの礎となるセンシュアルな情報をありのままに発信します。
SHARE