「ほうれい線、消したい!」そんな声に応える簡単シワケア方法、集めました | NAKED.(ネイキッド)

「ほうれい線、消したい!」そんな声に応える簡単シワケア方法、集めました

Written by NAKED編集部

写真を撮ったら顔にくっきりとほうれい線が写ってしまい、思わず撮り直しをしたことはありませんか!?ほうれい線は、老けて見える原因のひとつで、美容の悩みの中でも、トップクラス!
  

ほうれい線の深さは、見た目の年齢を大きく左右してしまうこともあり、ほうれい線をなんとか消したいと悩んでいる方は少なくありません。そんな悩める女性のために、ほうれい線ができる原因や、消すためのツボ、簡単なエクササイズなど、詳しくご紹介していきましょう。

INDEX

ほうれい線はなぜできる?

頬杖をする女性
  

ほうれい線を消すために、エクササイズをしたり、化粧品にこだわったりなど努力をしている方にとって、ほうれい線ができる原因について知っておくことも大切です。

そもそもほうれい線とは、厳密にはシワのことではなく、中国の面相学の「法令紋」を語源とした頬の境界線のことです。鼻の両脇から唇の両端にそれぞれ伸びる線で、赤ちゃんのころからその位置には鼻唇溝と呼ばれる溝があります。

若い頃は浅くて目立たなかった溝は、年齢と共に深くなり、目立つようになっていくのです。その原因には、以下のようなものが考えられます。
  

●頬の筋肉が衰えてたるむ

年齢を重ねると、体の機能は低下していきます。筋肉も同様なので、頬の筋肉も衰えてしまいます。頬には、表情筋や筋膜などがあり、頬を引き上げ、肌の土台を支えています。それらが衰えることで、頬の脂肪が重力に負けて下に落ちて、たるんでしまいます。それで、ほうれい線の溝が深くなり、目立つようになるのです。
  

●肌の乾燥や紫外線の受けることによるハリや弾力の低下

皮膚は、表皮と真皮、皮下組織に分類されるのですが、そのうちの真皮にコラーゲンやエラスチンといったハリや弾力を保つものがあります。紫外線の影響などによって肌が乾燥すると、その真皮に存在するコラーゲンやエラスチンが変化したり少なくなったりします。このため、お肌のハリや弾力が低下し、たるみが起こり、ほうれい線が目立つようになってしまうのです。
  

●ダイエットを繰り返す

ダイエットを繰り返し、太ったり痩せたりを繰り返していると、脂肪組織が劣化して、シワやたるみが多くなってしまいます。これが原因で、ほうれい線が目立つようになることもあります。
  

●長年同じような表情を作る

ほうれい線に深く関わっている表情筋に口輪筋があります。これは口の周辺の筋肉で、口角を上げて笑うなど、長年同じような表情を作っていると、皮膚にも影響を及ぼしてしまいます。いつもと違う表情を作る、歯ごたえのある硬いものを食べるなどをして、口輪筋を鍛えるとよいでしょう。

簡単!ほうれい線を消す方法1 ツボ押し

顔のツボを押している女性
  

顔には、美容のために効果的なツボがたくさんあります。その中でも、ほうれい線を消すために効果的なツボをご紹介しましょう。
  

●巨髎(こりょう)

「笑顔のツボ」とも呼ばれるツボで、笑うときに上唇を引っぱる表情筋に影響します。若返りのツボとしても名が知れており、筋肉と肌のハリを向上し、リフトアップに効果があります。ほうれい線の解消のために外せないツボといえるでしょう。

・ツボの位置
鼻の両脇の小鼻の一番下から外側に、横まっすぐに引いた線と、黒目の位置から真下に引いた線の交わる位置に、それぞれあります。頬の真ん中よりも少し内側にあります。
  

●顴髎(かんりょう・けんりょう)

頬の血行をよくする美肌のツボです。頬の筋肉やお肌にエネルギーを注入してくれるツボといえます。
  

・ツボの位置
頬骨の一番下にある、三角にとがった骨の少し下にあります。
  

●散笑(さんしょう)

ほうれい線上に存在するツボで、これこそ「ほうれい線のツボ」といっていいでしょう。ほうれい線の上のたるみを解消し、さらに二重あごの部分のたるみも解消してくれるツボです。

・ツボの位置
小鼻の両端から唇の両端までのほうれい線の、ちょうと真ん中にあります。
  

●地倉(ちそう)

顔面神経や胃ともつながっているツボで、美容に効果的です。顔のむくみをとり、口元の筋肉をほぐしてくれることで、ほうれい線を解消してくれます。顔面神経痛をやわらげるためにもよいツボです。

・ツボの位置
口角の両端にあり、口の外側の5mm~1cmくらいの位置にあります。
  

●下関(げかん)

血行をよくし、新陳代謝をよくしてくれます。顔のむくみやたるみをとり、小顔効果のあるツボです。頬の筋肉を引き上げてくれるので、ほうれい線を予防できます。

・ツボの位置
耳の付け根から頬骨に沿った位置で、通常は凹んでいて、口を開けると骨が持ち上がる部分にあります。
  

●ツボを押すときのポイント

・中指か人差し指の腹で、左右同時に約5秒押し、ゆっくり離すのを3~5回繰り返しましょう。

・押すときは、息を吐きながら、離すときは息を吸いながら、呼吸をするのを忘れないようにしましょう。

・強く押しすぎると逆効果なので、優しくゆっくり押すようにしましょう。

・爪を立てないようにしましょう。

・朝のスキンケア前、夜のスキンケア後、おやすみ前などが効果的です。

・小鼻の両脇や頬骨の下のあたりには、美肌のツボがたくさんあるので、頬杖をつくような感じで、親指の付け根辺りで簡単に全体を押すこともできます。

簡単!ほうれい線を消す簡単な方法2 マッサージ

ハンドプレスする女性
  

ほうれい線を消すには、紫外線予防や保湿ケア、エイジングケアなどといったスキンケアだけでなく、マッサージをすることでリンパの流れをよくすることも大切です。以下のような簡単なマッサージ法も効果的です。
  

●指でつまんでマッサージ

・唇の下あたりから、小鼻の両脇にかけて、少しずつ移動しながら、指にやや力を入れてつまむようにしてマッサージしていきます。頬がたるんでほうれい線が目立つようになるのを予防します。

・次に、あごの下から耳の付け根にかけて、少しずつ移動しながら、指にやや力を入れてつまむようにしてマッサージしていきます。あごラインをシャープにしてくれます。

・最後に、手の平全体で、頬全体を引き上げるようにして、そのまま約5秒キープします。
  

●手をグーにしてマッサージ

・手をグーにして、頬骨の下に第2関節を入れるようにして、強く押します。

・グーの手を小さい円を描くようにゆっくりとクルクル動かします。

・仕上げに、耳の付け根からデコルテへ、指の先を使ってマッサージして、リンパを流すようにします。
  

●ブラシの柄でマッサージ

・メイクブラシなどの、直径が約5mmの凹凸のない棒を使って、ほうれい線の始点となる小鼻の両脇あたりから、横に少しずつ移動しながら、黒目の真下の位置まで頬骨のコリをほぐすようなイメージで、優しくマッサージしていきます。

・ブラシの柄は、斜め上、横、斜め下と向きを変えて3方向から、片頬約30秒ずつマッサージします。

・手を軽く握るようにして、人差し指の第2関節を小鼻の両脇にあてて、頬骨に沿ってクルクル小さな円を描くようにマッサージしていきます。
  

●マッサージするときのポイント

・力を入れすぎず、優しく静かにマッサージしましょう。
・長時間やりすぎると逆効果になることもあります。短時間で終わらせましょう。
・事前にクリームなどを塗って、肌をこすらないようにしましょう。

簡単!ほうれい線を消す簡単な方法3 エクササイズ

頭皮マッサージしている女性
  

気になるほうれい線を消すためには、マッサージやスキンケアだけでなく、エクササイズも効果的です。もちろん、両方おこなうことで、より効果が上がることも期待できるでしょう。
  

●口に空気を入れるエクササイズ

・口の中に片側ずつ空気を入れて、頬をふくらませるのを両側で約30秒ずつ交互にやっていきます。

・次に、口の中に片側ずつ空気を入れて、頬をふくらませたら、それを手で優しく空気がもれないようにつぶします。これを交互におこなっていきます。
  

●舌回しエクササイズ(目も同時に)

・まずは、口を閉じた状態で、舌を真上の歯と唇の間にセットします。

・ほうれい線に沿って、内側から押すような感じで、舌を右回りにゆっくりと円を描くように回していきます。右回りの次は、左回りです。左右セットで3回おこないます。

・朝と夜と毎日すると、より効果的です。内側からほうれい線を伸ばすような気持ちで、ゆっくりとおこなうと、口輪筋を刺激して、血流がよくなるのです。

・眼球も同時に回すと、眼輪筋も鍛えられ、シワやたるみの起きやすい目元のケアも同時におこなえます。

・次に、口の斜め上あたりを押していきます。口の斜め上の、ほうれい線の真ん中あたりには、両側それぞれに筋肉のつなぎ目があります。血流が悪くなりがちなので、その辺りを舌で内側から約3秒押し続けることで、血行をよくします。右側が終わったら、左側も同様におこないます。

・最後に、クールダウンに、首を優しくマッサージします。舌を動かすと、首に負担がかかるので、耳の付け根からデコルテ辺りまで、優しくさするようにマッサージして、クールダウンです。
  

●舌をスイングさせるエクササイズ(目も同時に)

・両手を胸の上あたりで交叉させて、首を反らせて、上を向きます。

・舌を口の外に思いっきり出して、半円を描くようにゆっくりスイングさせます。8回おこないます。

・目も同時に動かすと、目元のエクササイズになります。
  

●頭皮マッサージでエクササイズの効果を上げる

ほうれい線を消すためのツボ押しやマッサージ、エクササイズをご紹介してきましたが、それらの効果を上げるためによいのが、頭皮マッサージです。頭皮は顔と直結していて、顔の筋肉と支えているのは側頭部の頭皮なのです。

指の腹を使って頭皮を傷つけないよう気をつれながら、5本の指で適度に圧をかけて押し、側頭部の筋肉をしっかりとほぐしていきましょう。そうすることで、顔全体の筋肉に働きかけ、マッサージやエクササイズなどの効果が上がります。

ほうれい線と仲良く付き合うには、コツコツケアが大事!

微笑む女性
  

ほうれい線が目立つと、見た目の年齢が大きく左右してしまい、美容の大きな悩みのひとつとなっています。ほうれい線を消すためには、紫外線対策や保湿ケアといったスキンケアのほかに、ツボ押しやマッサージ、エクササイズなども効果的です。

簡単な方法をご紹介させていただいたので、自分で取り組みやすいものを選んで、毎日おこなうと効果が得られるでしょう。並行しておこなうと、より効果が得られやすくなるのでおすすめです。

鈴木絢子

鈴木絢子

美容家、女性マーケティングライター
詳細を見る

アプリでシワも消せるこの時代。
写真の法令線はなかったことにできても、現実にはクッキリ法令線が……。そんなギャップに悩まされたことはありませんか?
法令線はヒアルロン酸注入などの美容医療でも改善できますが、笑ったときの表情が不自然になるケースがあったり、定期的にコストがかかるなどのデメリットもあります。
体に筋肉をつけて鍛えるように、顔の表情筋トレも重要! 最近では、表情筋を鍛えるための便利な美容機器も発売せれていますが、記事には道具を使わなくても気軽に表情筋を鍛える方法が載っているので便利です。是非、永久保存版として、色々と試してみて下さいね。きっと、これだ!と思うピンと来る方法が見つかるハズです。

Like
0
NAKED編集部

NAKED編集部

ライター
詳細を見る
大人の女性がキレイになるための美容情報、恋愛やSEXの悩みなど女性の健やかなカラダと美しさの礎となるセンシュアルな情報をありのままに発信します。
SHARE