いい女は香らせ上手♡ 香水の正しい付け方と効果的な場所を学ぼう | NAKED.(ネイキッド)

いい女は香らせ上手♡ 香水の正しい付け方と効果的な場所を学ぼう

Written by NAKED編集部

香水をつける習慣のある女性は多いですが、髪や手首、足首などに重ねて付けてしまって、匂いがきつくなってしまったことはないでしょうか。そして香りの強さは、自分ではなかなか気づきにくいもの。
  

今回は、香水の種類や正しい付け方、付けると効果的な場所、また付けるときのポイントなどを詳しくご紹介します。香水について正しい知識を身につけ、魅力的な香りをまとう素敵な女性になりましょう。
  

INDEX

香水の種類と正しい付け方を知ろう!

香水
  

香水について、正しい知識を得るためには、まずその種類や正しい付け方を知っておきましょう。
香水には、香料の濃度が高い方から「パルファム」「オードパルファム」「オードトワレ」「オーデコロン」があり、その香水のボトルなどに記載されています。
それぞれの濃度や付け方などには違いがあり、持続時間も異なります。

ただ、この香水の4種類の分類には日本の薬事法で定められた決まりはなく、販売するメーカーによって微妙に異なるため、購入するときには、その香水に記載されている濃度や持続時間などを確認することをおすすめします。
ここでは、おおよその目安や特徴、付け方などをご紹介します。
  

〇パルファム

・濃度・・・15~30%
・持続時間・・・5~12時間
  

・パルファムは特別な香水

香水の中でも最も香料の濃度が高く、香りの強いものがパルファムです。
各メーカーでも、最もグレードの高い原料を使用する特別な香水とされていて、種類も少なく世間にはあまり出回っておらず、価格も高めに設定されています。
  

・パルファムの付け方

パルファムは、濃度が高く香りも強いですが、水で薄めていないため香りの広がりが少なく、付けた部分がしっかりと香ります。
つまり、自分や自分に近い位置にいる人に、よく香るのです。
キスやハグなどで、体が密着したときにほんのり香るようなイメージで付ける良いでしょう。
  

・手首やうなじなどに少量付けると効果的

パルファムは香りの広がりが少ないので、手首やうなじなど、体温の高い部分に1~2滴程度付けると、香りがふんわり漂います。
  

〇オードパルファム

・濃度:10~15%
・持続時間・・・5~12時間前後
  

・価格の設定が抑えてあり手軽に購入できる

オードパルファムの濃度はパルファムに近いものとなっていますが、原料のグレードを落とすことで、手軽に購入できる価格に設定されている商品が多いようです。
  

・種類が豊富で人気の商品

パルファムより濃度を下げてあり、価格も安く使いやすいので、種類も豊富で人気が高いタイプです。「eau de parfum」の頭文字をとって、「EDP」と記載されていることもあります。
  

・オードパルファムの付け方

パルファムと違って香りか広がりやすいオードパルファムは、付けすぎると香りがきつすぎて周囲に不快な思いをさせることがあります。香りが広がりやすい手首やうなじなどには付けないほうが良いでしょう。
また、オードパルファムを付けるときには、スプレーして線を描くようなイメージで伸ばすのがおすすめです。
  

〇オードトワレ

・濃度・・・5~10%
・持続時間・・・2~5時間
  

・普段使いにおすすめ

オードトワレは、オードパルファムと同様に香りが広がりやすいので、付けすぎると香りがきつくなりやすいです。
濃度も低く持続時間も少ないので、香水初心者でも気軽に付けることができ、普段使いにもおすすめの香水です。
  

・オードトワレの付け方

オードパルファムより濃度が低く、軽やかに香ります。オードパルファムと同様に香りが広がりやすいので、匂いが広がりやすい位置につけるのは避けたほうが良いでしょう。
こちらもオードパルファムと同様に、スプレーして線を描くようなイメージで伸ばすのがおすすめです。
  

〇オーデコロン

・濃度・・・2~5%
・持続・・・1~2時間
  

・薄くライトに香る

香水の中で最も濃度が低く、ライトに香るのが特徴です。
メーカーによりますが、価格も非常に安く設定されていることが多く、持続時間も短いので、強い香水は苦手だけど、少しだけ香りを楽しみたいという方におすすめです。
  

・多めにつけても大丈夫

オーデコロンは、持続時間が短く、香りがすぐに消えてしまうので、シャワー感覚で少々多めに付けてしまっても強く香ることはありません。
あまりにも付けすぎてしまったときには水で洗い流しましょう。
  

・空間にプッシュして香りをまとう

オーデコロンは、香りが弱く短時間で消えるので、空間にプッシュしてその中をくぐり、香りをまとうように付ける方法でも優しく香ります。
また、手首やひじの内側など、動きで香りが広がりやすい部分につけることもおすすめです。食事デートの1~2時間前に付けると、食事のときには香りがちょうど消えるため料理の邪魔をしません。
  

〇付けすぎに注意

香水は、とにかく付けすぎに注意しましょう。香りがきつくて周囲に不快な思いをさせる「スメハラ」という言葉があるほどなので、そうならないように気をつけてください。

パルファム以外の香水はスプレータイプが多いので、1ヶ所にワンプッシュが基本です。スプレーと肌の距離にも注意しましょう。近づけすぎると香りが強くなるので、10~20cm離してつけるとちょうどよく香ります。

付ける場所によってこんなに効果が違う

女性の素肌の手足
  

〇耳の後ろやうなじ

  

・体温が上がりやすく香りやすい

耳の後ろやうなじには太い血管が通っていて、体温が上がりやすくなっています。
そして、香水の成分はアルコールなので、体温で揮発しやすく、香りをしっかりと感じることができます。
  

・直射日光に当たりにくい

耳の後ろやうなじ部分には直射日光が当たりにくいので、香水をつけやすい部分といえるでしょう。
香水をつけたまま直射日光に当たると、その部分の肌に赤みやシミなど異変が起こることもあるので、注意しましょう。
  

〇腕やひじの内側

  

・よく動かす部分なので香りが広がりやすい

腕や、ひじの内側は、日常生活でよく動かす部分です。
そして、耳の後ろやうなじと同様に太い血管が通っているので、香りが広がりほんのり漂いやすくなります。
  

・直射日光に当たらないように注意

薄着の季節などで腕を露出する服を着ているときに、腕やひじの内側に香水を付けると、直射日光が当たってしまうことがあります。
薄着の季節にこの部分につけたいときは、夜間の外出や、室内にいるときがおすすめです。
  

〇手首

  

・こすり合わせるのはNG

手首に香水をつけて、こすり合わせるような動作をする方がいらっしゃいますが、これはあまりおすすめできません。
こすり合わせると、せっかくの香水の香りが飛んでしまうからです。
  

・香りが広がりやすいので付けすぎに注意

手首にも太い血管が通っているうえ、よく動かす部分なので、香りが周囲に広がりやすいです。
左右の手首の血管の上に少量付けるようなイメージで付けてください。
  

〇足首
  

・くるぶしの後ろに

足首に付けるときには、くるぶしの後ろに付けるのがおすすめです。
歩くときに動かす部分なので、ほんのりと香りが上ってくるのを楽しめます。
  

・上半身にも付けるときには控えめに

香水の香りは時間がたつと下から上に移ってくるので、上半身にもつけるときには控えめにつけましょう。
  

〇ももの内側やひざの裏側

  

・体温が低いのでほのかに香る

ももの内側やひざの裏側は体温が低い部分です。
ほのかな香りを楽しみたいときにおすすめです。
  

・パッチテストをおこなう

ももの内側は肌が敏感な部分でもあります。
敏感肌の方は特に、初めて付けるときは前もってパッチテストをおこなうことをおすすめします。
  

〇胸の谷間

  

・特に香りを楽しみたいときにおすすめ

胸の谷間は体温が上がりやすく、香りが鼻に上がってきやすい部分なので、特に自分で香りを楽しみたいときにおすすめです。
  

・汗をかかない季節にピッタリ

汗をかくと香水と汗の匂いが混ざって、本来の香りとは違うものになってしまいます。胸の谷間は汗をかきやすい部分なので、この部分に香水を付ける場合は、汗をかかない涼しい季節のみにしましょう。
  

〇腰やお腹

  

・全身が香る

腰やお腹は、よほど暑い季節でない限り、汗をかかない部分です。この部分に香水をつけると、さりげなく全身が香るようになります。
  

・裸か下着だけの状態でつける

腰やお腹に香水を付けるときには、裸か下着だけの状態のときに、スプレーを肌から約30cm離してワンプッシュしましょう。

香水を付けるときに気を付けたいポイント

香水の瓶を手にもつ女性
  

〇体は清潔に

  

・シャワーの後がおすすめ

香水は汗の匂いと混ざると、本来とは違った嫌な香りになってしまうことがあります。香水はシャワーを浴びた後など、体が清潔な状態のときに付けましょう。
  

・デオドラント剤は無香料を

デオドラント剤を併用するときは香りが混ざってしまわないように、無香料のものをつけましょう。
  

・汗の出やすい部分には付けない

いくらシャワーの後につけても、わきの下や足の裏など、汗をかきやすく臭いやすい部分に付けるのは避けましょう。
  

〇付けるタイミングは30分~1時間前

  

・待ち合わせの30分~1時間前につけるのがおすすめ

香水は、付けたときから時間を追うごとに香りが変化していきます。デートなど、人と会う前に付けるときには、待ち合わせの30分~1時間前につけることをおすすめします。
  

・香りの変化の3段階

ちなみに、香水の香りは、時間を追うごとに3段階の香りに分けられます。
  

≪トップノート≫

付けてすぐの香りをトップノートといい、約10分続きます。トップノートは香水に含まれるアルコールが飛んでいない状態なので、本来の香水の香りとは違った香りになることもありますが、最も華やかで印象的な香りが楽しめます。
  

≪ミドルノート≫

香水を付けてから30分~1時間たったときの香りがミドルノートです。最も良い香りのする時間帯で、ハーフノートとも呼ばれます。ミドルノートは約3時間香りが続くといわれています。
  

≪ラストノート≫

ラストノートは時間と共に消えていく香りの余韻です。香りの種類によっても違いますが、フローラル系だと12時間ほど香り、ウッディ系であれば24時間ほど香ることもあります。
  

〇肌に直接付ける

  

・服にしみがつくことがある

香水は、衣服に付けるのではなく、肌に直接付けることをおすすめします。香水の成分によって大切な洋服にシミがついてしまうことがあるのです。
また、あまり洗濯をしないアウターなどに付けてしまうと、違う香水を付けたときに香りが混ざって、嫌な匂いになってしまうこともあります。
  

・体温の変化で香りも変化していく

香水を肌に直接付けることで、その人の体温の変化と共に香りの変化を楽しめます。
  

〇つけすぎてしまったときは

  

・シャワーを浴びるのがベスト

香水をつけすぎてしまったときには、シャワーを浴びて洗い流すのがベストです。
  

・無水アルコールやエタノールを使う

出かける直前などシャワーを浴びることができないときには、無水アルコールやエタノールをコットンに沁み込ませ、香水を付けた部分を軽く押さえるようにして香りを落としましょう。
  

・ウエットティッシュで応急処置

出かけてしまってから香りがきついことに気づいたら、ウエットティシュで応急処置ができます。コットンと同様に、軽く押さえるように香水を落としていきます。

正しい知識を身につけて、香らせ上手な大人の女性になろう♡

抱き合うカップル
  

香水は、正しい知識を身につけて上手に使うことで、大人の女性の魅力を香りで演出することができます。

ただ、「スメハラ」という香水がきつすぎて周囲に迷惑をかけてしまうことに対する言葉がある通り、香水の付けすぎは周囲に不快な思いをさせてしまいます。

そうならないためにも、香水の付けすぎに注意して、ほんのり魅力的に漂う上品な香りを身につける工夫をして、香水を楽しみましょう。

NAKED編集部

NAKED編集部

ライター
詳細を見る
大人の女性がキレイになるための美容情報、恋愛やSEXの悩みなど女性の健やかなカラダと美しさの礎となるセンシュアルな情報をありのままに発信します。
SHARE