一刻も早く仕上げたい!マニキュアを早く乾かす賢いTIPS10 | NAKED.(ネイキッド)

一刻も早く仕上げたい!マニキュアを早く乾かす賢いTIPS10

Written by NAKED編集部

せっかくキレイに塗ったマニキュアなのに、乾く前にヨレてしまった、何かに触れて剥げてしまったという経験をしたことはないでしょうか。塗り直したり、キズを隠すために厚塗りしたりして、余計な時間がかかってしまうというのもありがちなパターンです。
  

マニキュアを早く乾かす方法を知っておけば、そんな煩わしいマニキュアの悩みとサヨナラをすることができます。今回は、マニキュアを早く、美しく乾かすための方法をご紹介します。
  

INDEX

事前の準備が大事!

爪をやすりで整える女性
  

〇乾きやすいマニュキュアを選ぶ

マニキュアの中には速乾性のあるものが存在するので、早くマニキュアを乾かしたかったら、まずは速乾性のあるものを選ぶようにしましょう。

速乾性のマニキュアがなければ、比較的乾きやすいといわれている透明感のあるものやラメ入りのものを使用するといいでしょう。色合いが濃かったり、塗った時にマットになったりするものは乾きにくいと言われているので、急いでいるときに使用するのには向いていません。

なるべく薄い色合いのものを選びましょう。
  

〇マニュキュアを冷やす

マニキュアを塗るときに伸びが悪く、つい厚塗りになってしまうような経験をしたことはありませんか。

それは、マニキュア内の温度が一定ではないことが理由だからかもしれません。マニキュアの厚塗りを防いで、さらに早く乾かすためには、冷蔵庫であらかじめマニキュアを冷やしてから使うという方法があります。

マニキュアの温度を低くしておくと、外気にさらされたときにその温度差から揮発しやすくなり、乾かしやすくもなります。マニキュアを使用する前のおよそ30分前後を目安に冷やすか、普段からマニキュアを冷蔵庫に保管しておくようにしましょう。
  

〇爪の手入れをしておく

普段から爪のお手入れをしておくと、いざマニキュアを塗るときにも早く乾くという利点が出てきます。
ダメージを受けた爪にマニキュアを塗るよりも、乾燥などの刺激からしっかりと保護されている爪のほうがキレイに塗ることができ、したがって早く乾くことにもつながります。

お手入れの基本はやすりで爪の形を整える、甘皮をキューティクルリムーバーで処理しておく、バッファーで爪の表面を磨くなどの3点です。仕上げにネイルオイルを使って、爪の乾燥を防いでおくといいでしょう。
  

〇手を冷やす

マニキュアを塗った指先の温度と外気の差は、乾く速度に関係してきます。
そのため、外気が温かい状態であれば、指先は冷たくしておいたほうがいいので、氷水につけるなどして手を冷やしておきましょう。

逆に、外気が冷たい場所でマニキュアを塗るのであれば、指先は温めておいたほうがいいです。
寒いところではドライヤーの温風などで手を温かくしておきましょう。

マニュキュアが早く乾く塗り方は?

マニキュアを爪に塗る女性の手
  

〇ベースコートを塗る

面倒な作業だとしても、ベースコートを塗ったほうがネイルのもちが良くなります。
マニキュアを塗る前にベースコートを塗ると、キレイに塗ることができるようになるので、その結果早く乾くようにもなります。
お化粧でベースメイクをしておくと、ファンデーションがうまくのるのと同じ理屈です。

ベースコートには爪の表面を整えたりするだけではなく、色素沈着の防止や乾燥などから爪を保護する役割も果たしてくれます。

マニキュアをキレイに塗り続けるためにも、先にベースコートを塗っておき、キレイな爪を保つようにしましょう。
ベースコートを塗るのと塗らないのとでは、マニキュアの発色も違ってきます。爪の下地となるコーティングの役割をしてくれるのがベースコートであり、するのとしないとでは雲泥の差がでるということです。
  

〇マニュキュアを薄く塗る

マニキュアを早く乾かすための塗り方としては、厚塗りをせずに、薄く塗るという方法があります。
1度で塗ってしまいたい気持ちがあるかもしれませんが、それだとつい厚くなってしまう場所が出てしまいがちです。
1度にたっぷりマニキュアをつけて塗るのではなく、薄く塗るのを繰り返して、重ね塗りをしていきましょう。

ポイントは塗った後に、しっかりと乾かしてからまた塗るということです。2~3回に分けて塗るようにしましょう。
薄く塗っているので、1回ごとの乾燥に時間はかかりません。むしろ厚く塗ってしまうとムラができ、それをまた塗り直して厚く塗るということになるので、乾くまでにかなりの時間がかかってしまいます。
キレイに早く塗りたいのであれば、焦らないで薄く塗るという作業を繰り返す方法をとってみるといいでしょう。
  

〇トップコートを塗る

速乾性のあるトップコートを使用すると早く乾くので、マニキュアを塗ったらトップコートも忘れずに塗っておきましょう。

トップコートは爪を保護してくれる役割をしてくれ、次にまたマニキュアを塗るときに早く乾かすための布石ともいうべき作業になります。
また、何度も重ねりをして爪の表面のデコボコをなくさなくても、トップコートを使用することでデコボコをなくすこともできます。
色もなじみやすくキレイに見えるため、マニキュアのテクニック不足をカバーしてくれるという欠かせないアイテムです。

よって最終防御アイテムとして、トップコートもしっかりと塗っておきましょう。

早く乾かす効果的な10の方法

ネイルアート
  

〇氷水につける

早く乾かす方法としては、氷水に付けて、爪の表面温度を下げるという方法があります。

氷水につける前に、トップコートを塗った後3分ぐらい自然乾燥させておくのがコツです。3分経ったら氷水に指をひたし、2~3分待ちましょう。
氷水では冷たすぎるという人は、氷の入っていない冷たい水でも大丈夫です。それでも冷たくて耐えられないという場合には、入れたり出したりするのを繰り返して、3分という時間を乗り切りましょう。
また、あまり指先を動かしすぎるとムラができてしまう可能性があるので、なるべく動かさないように浸してください。
  

〇冷風をあてる

氷水は手の冷えがひどくなるので厳しいという場合は、ドライヤーの冷風を利用するという方法があります。

表面の温度を下げて、乾燥を早めるという方法です。ドライヤーを使うときは爪から20㎝程度離し、強い風ではなく、弱い風を当てるようにするのがコツです。
あまりにも風圧が強いと、風圧でマニキュアがヨレてしまう可能性があります。
また、寒いからと温風を当てると、せっかく塗ったマニキュアに気泡ができてしまうことがあるので注意しましょう。
  

〇爪を温める

マニキュアを塗る前に、爪自体を温めておくという方法も有効です。

ドライヤーでもヒーターでも大丈夫なので、事前に爪を温めておきましょう。
ホットタオルを作って、爪を温めるのもおすすめです。ホットタオルは水に濡らしたタオルをレンジで温めるだけで、簡単に作ることができます。
寒い冬におすすめの方法で、ドライヤーの冷風も氷水も耐えられないという人に向いています。
マニキュアと爪との温度差で、塗ったマニキュアが早く乾くようになります。
  

〇エアダスターを使う

パソコンのキーボードの隙間の掃除によく使う道具として一般的なエアダスターです。
ノズルからでる空気の力を利用して、キーボードの隙間に溜まった塵などを吹き飛ばすための道具となっています。
これもマニキュアの乾燥に役立ちます。

エアダスターには手でポンプを押しながら空気を押し出すタイプのものもありますし、スプレー缶タイプのものもあります。
スプレー缶タイプは消耗品になりますが、自分でポンプを押すタイプは繰り返し使うことが可能です。
  

〇オリーブオイルを塗る

オリーブオイルが台所にあったら、マニキュアを乾かすアイテムとして利用できます。

塗り方としてはマニキュアと同様の方法で塗るのが望ましいです。マニキュア用の刷毛が売っているので、それを購入し、オリーブオイルを塗る専用の刷毛に使用するようにしましょう。
あまりベタベタと塗る必要はなく、薄く塗っていくだけで大丈夫です。
オリーブオイルを塗ることで、マニキュアに塵や埃といったゴミがつきにくくなるというメリットがあります。
ただ、食用のモノだと、オリーブオイル特融の臭いが気になるかもしれないので、その場合は化粧用のオリーブオイルを入手して使用するといいでしょう。
  

〇キッチンオイルスプレーを使う

ホットプレートなどに油を吹きつけるときに使うキッチンオイルスプレーも、マニキュアを早く乾かす効果が期待できます。

トップコートで仕上げた後、爪にスプレーを吹きかけるだけなので簡単で、1~2分で乾かすことが可能です。
これもオリーブオイルと同様に、油の膜を張ることでマニキュアに汚れがつくのを防止することができます。
簡単なのにキレイに仕上がり、キューティクルも保護してくれるというのがキッチンオイルスプレーのポイントとなります。
  

〇速乾スプレーを使う

マニキュアを乾かす専用のスプレーに、速乾スプレーという商品があります。

化粧品会社が出しているのでドラッグストアーなどで手に入れることが可能です。
この速乾スプレーは、シューッと吹きかけるだけで約1分後にはマニキュアが乾くという驚異的なアイテムになっています。
トリートメントオイルが入っているなど、爪を保護する成分が入っているタイプのものもあります。
爪の表面に指紋がついたり、傷がついたりするのを防ぐという役割も果たしてくれるので一石二鳥です。
速乾スプレーを持っていれば、忙しいときでも簡単にマニキュアを乾かすことができます。
  

〇ネイル乾燥機を使う

電気屋の美容コーナーに行くと置いているのがネイル乾燥機です。

指先を機械に入れるだけで風が出て乾くというものなので、使い方は簡単です。
ネイルドライヤーという名称で販売されていることが多く、ファンが回転して風が出るという仕組みになっています。
このタイプのネイル乾燥機は数百円で売っているものもあるので、比較的手に入れやすい美容機器です。
マニキュアが乾くまでの長い時間、ドライヤーを自分で持って乾かすのが面倒だという人は、ネイル乾燥機を使用してみるといいでしょう。
  

〇ネイルガードを使う

マニキュアが何かに触れて剥がれるのを防止できるというアイテムが、指にはめるだけで使えるネイルガードです。

100円ショップでも購入できるので、手軽にマニキュアを早く乾かしたい人におすすめです。マニキュアが剥がれ、また塗り直しということにならずに済みます。
スケルトンになっているので、マニキュアの状態を確認することも可能です。
乾燥機やスプレーほど早く乾かす必要はないものの、いつもマニキュアを乾かすときに物に当たって剥がれることが多いという人におすすめです。
  

〇ライトを当てる

ジェルネイル用として販売されているネイル乾燥機のタイプに、UVライトやLEDライトを利用したものがあります。
ジェルネイルの中にある揮発成分を飛ばし、残りの部分を乾燥させてジェルネイルを完成させるという仕組みです。

UVライトを当てると硬化するトップコートでも、ライトタイプのネイル乾燥機に使用できます。
マニキュアを塗った後にUVトップコートを塗って使用しましょう。
乾燥機は手を入れるタイプなので、手を動かさないことによりマニュキュアが剥がれたりかけたりしてしまうのを防ぐことにもつながります。

準備から仕上げまで!マニキュアはちょっとのコツ次第で仕上がりに大きな差が!

マニキュアを塗る女性
  

マニキュアを早く乾かしたいと思ったら、マニキュアを塗るための事前の準備も重要です。

もちろん爪のケアも行うことも大切ですが、塗り方についてもコツを学んでおくこと、早く乾かすためのアイテムを使用することで、マニキュアをさらに早く乾かすための時短に繋がります。

マニキュアの乾かし方について悩んでいるのであれば、ぜひ参考にしてみてくださいね♡

NAKED編集部

NAKED編集部

ライター
詳細を見る
大人の女性がキレイになるための美容情報、恋愛やSEXの悩みなど女性の健やかなカラダと美しさの礎となるセンシュアルな情報をありのままに発信します。
SHARE