モデル業界でいま一番アツイ!スープダイエットのレシピ、基本のキ♡ | NAKED.(ネイキッド)

モデル業界でいま一番アツイ!スープダイエットのレシピ、基本のキ♡

Written by NAKED編集部

寒い日には、あたたかいスープを飲んで、身体の芯まで温まりたいものです。
あたたかいスープは、最近のダイエットのトレンドにもなっていて、脂肪燃焼スープダイエットと呼ばれています。
モデル推薦のスープダイエットの書籍が出ていたり、雑誌やWEBでも企画が組まれたりすることも多いようです。
  

せっかくなら、ダイエットにもなるレシピを試してみるのはいかがでしょうか。
身体も心も温まって、さらにダイエットもできるのなら、こんなにいいことはないでしょう。

INDEX

脂肪燃焼スープダイエット

ダイエット燃焼スープ
  

〇脂肪燃焼スープダイエットとは

脂肪燃焼スープダイエットとは、野菜やトマトなどを使って作るスープを飲みながら、一週間の食事スケジュールにしたがって痩せるダイエット法のことです。
もともと医療用のダイエットプログラムで、入院していて運動することのできない患者さんのために考案されたレシピです。

外科手術前に短期間で脂肪を落とすことを目的として痩せるための食事療法をおこなったので、我慢を強いたりするような無理なダイエットとは違います。
  

・いくら食べてもよい
・一週間で効果が出る
・食べれば食べるほど痩せる
  

これが脂肪燃焼スープダイエットの特徴です。こんな夢のようなダイエット法がこれまであったでしょうか。
ダイエットといえば「我慢」と同義語のようなイメージがありますが、脂肪燃焼スープダイエットでは、それがほとんどいらないので、これまでダイエットで挫折したことのある方でも無理なく実行できるのではないでしょうか。
  
  

〇脂肪燃焼スープダイエットの効果

脂肪燃焼スープダイエットには、デトックスと脂肪燃焼というふたつの効果があります。
  

・デトックス効果

デトックスとは、身体の中にたまった老廃物や毒素を体外に排出することです。
脂肪燃焼スープダイエットで飲むことになるスープには野菜がたっぷり入っているので、その食物繊維によりデトックス効果が期待できます。

・脂肪燃焼効果

脂肪燃焼スープダイエットのプログラムでは、糖質をあまりとらないことになっています。
つまり、糖質制限をおこなうことになります。身体の中に糖質がなくなるとエネルギーとして脂肪を使うようになるので、体内の脂肪が燃焼されるのです。
  
  

〇脂肪燃焼スープダイエットのメリット

  

・特別な食材をそろえる必要がない

脂肪燃焼スープダイエットでは、トマトや玉ネギ、にんじんなどといった一般的なスーパーで簡単に手に入る食材を使って作るスープを飲むことになります。
特別な食材や器具などは必要ないので、誰でも手軽に始めることができるでしょう。
  

・空腹を我慢しなくてよい

脂肪燃焼スープダイエットでは、スープならいくら飲んでも問題ないので、空腹を我慢する必要がありません。
空腹に耐えるストレスを感じることなくダイエットできるのです。
  

・家族と一緒に食べられる

脂肪燃焼スープダイエットでの野菜スープは、野菜がたっぷり入っているスープなので、ダイエットに関係なく、健康のためにもよいスープです。
一般的な食事と合わせて家族も一緒に食べることができるので、ダイエットしている方だけ別メニューを食べなければならない、といったことはありません。

 脂肪燃焼スープダイエットのやり方

チェックリスト
  

〇ルールを守ろう

脂肪燃焼スープダイエットをおこなう際には、以下のように守らなければならないルールがあります。
まずはこれらのルールを守っておこないましょう。
  

・アルコール禁止(ダイエット前24時間前から)
・甘味料禁止
・飲み物は、水やお茶、ブラックコーヒーのみ
・食事のスケジュールを守る
・食事の前にスープを一杯飲む(食べ過ぎ防止)
・スープの量は減らさない
  

〇1日の食事内容

・野菜スープ
いくら食べてもかまいません。

・果物
バナナ以外の果物なら何を食べても問題なく、食べる量の制限もありません。
  

〇2日目の食事内容

・野菜スープ
いくら食べてもかまいません。

・野菜
ベイクドポテト以外なら、いくら食べてもかまいません。
  

〇3日目の食事内容

・野菜スープ
いくら食べてもかまいません。

・果物
バナナ以外の果物ならいくら食べてもかまいません。

・野菜
ベイクドポテト以外なら、いくら食べてもかまいません。
  

〇4日目の食事内容

・野菜スープ
いくら食べてもかまいません。

・バナナ
いくら食べてもかまいません。

・スキムミルク(500ml)
1日目から3日目まではタンパク質をほとんどとらないメニューなので、タンパク質不足で筋力が低下しないように、4日目からはタンパク質をとるようにします。そのためにスキムミルクを500ml飲みます。
  

〇5日目の食事内容

・野菜スープ
いくら食べてもかまいません。

・肉、魚
良質のたんぱく質をとりましょう。肉や魚をいくら食べてもかまいません。

・トマト
いくら食べてもかまいません。
  

〇6日目

・野菜スープ
いくら食べてもかまいません。

・牛肉
いくら食べてもかまいません。

・野菜
ベイクドポテト以外なら、いくら食べてもかまいません。
  

〇7日目の食事内容

7日目は、普段の食事に少しずつ戻していくことを目的としたメニューとなっています。

・玄米
いくら食べてもかまいません。

・野菜
ベイクドポテト以外なら、いくら食べてもかまいません。

・フルーツジュース
甘味料が入っていなくて果汁100%のものなら、いくら飲んでもかまいません。

脂肪燃焼スープダイエットの作り方

鍋をかき回す料理する女性
  

脂肪燃焼スープダイエットで使うことになる野菜スープのレシピやアレンジレシピについてご紹介します。
同じスープをずっと食べるのも飽きてしまうので、アレンジレシピも参考にすると、飽きずにダイエットを続けることができるでしょう。
  

〇脂肪燃焼スープのレシピ

基本のスープのレシピには6種類の野菜を使います。

・玉ネギ(大3個)
・セロリ(1本)
・キャベツ(大1/2)
・ピーマン(1個)
・ニンジン(1本)
・トマト(大3個、またはホールトマト缶1個)

これに調味料と水を入れます。

・コンソメ(1~2個)
・塩コショウ(適量)
・水(2~3L)

野菜の量は好みで変更するのもよいでしょう。苦手なものは少なめにしたり、細かく切ったりすることで味が気にならなくなります。
  

・作り方

野菜をそれぞれ一口大に切って大きめの鍋に入れ、水と調味料も入れます。野菜が柔らかくなるくらい20分ほど煮込んで、塩コショウで味を整えます。

野菜を切るのに手間がかかるくらいで、あとは至ってシンプルな作りやすいレシピといえるでしょう。
  

〇脂肪燃焼スープのアレンジ

  

・カレー粉

粉末のカレー粉を基本のスープに投入すると、ひと味違うカレー味のスープになります。味が変わると同時に、カレー粉に含まれるスパイスにより脂肪燃焼効果を高める働きもあります。

・キムチ

基本のスープに飽きたら、キムチスープにするのもよいでしょう。基本のスープにキムチを投入するだけで、すぐに作れます。
キムチに入っている唐辛子のカプサイシンにより、脂肪燃焼効果を高める働きもあります。

・味噌

これも基本のスープに味噌を入れるだけのアレンジです。味噌にはビタミンEが豊富に含まれるので、アンチエイジング効果も期待できるでしょう。

他にもチリソースや豆乳、ポン酢やしょうゆといった調味料などで味を変えると飽きずに続けられるほか、短期ダイエット期間が終わってからも、健康のために作ることもできるのでおすすめです。

低カロリーのダイエットスープレシピ

野菜スープ
  

脂肪燃焼スープダイエットは短期間で痩せるプログラムですが、短期集中ダイエット期間が過ぎても、健康のためにいつもの食事にスープを加えてみるのもおすすめです。
ダイエットして痩せた状態を保つほか、健康のためにも効果的でしょう。
  

〇きのこスープ

・えのき(1株)
・舞茸(1株)
・オリーブオイル(小さじ1)
・水(500cc)

えのきは1cmの長さに切り、舞茸は手で割いてほぐして、水50ccとオリーブオイルを入れて鍋にかけます。全体がしんなりしてきたら残りの水を加えます。

・コンソメ(1.5個)
・コショウ(少々)
・きのこペースト(大さじ1~2)

残りの水を加えて沸騰したら、アクをとりながらコンソメとコショウ、きのこペーストを加えます。

・ほうれん草(茹でたもの)

食べる直前に、あらかじめ茹でておいた、ほうれん草を加えて大きく混ぜて盛りつけます。
  

〇トマトスープ

・キャベツ(1/2)
・玉ネギ(3個)
・セロリ(1本)
・ピーマン(1個)
・トマト缶(1缶)
・ウィンナー(1袋)

野菜とウィンナーを一口大に切って大きめの鍋に入れ、トマト缶も加え、ひたひたになるくらいまで水を入れます。野菜が柔らかくなるまで煮込みます。

・コンソメ(固形1~2個)
・塩コショウ(少々)

野菜に火が通って柔らかくなったら、コンソメと塩コショウを入れて出来上がりです。
  

〇豚とキャベツのミルクスープ

・豚こま肉(65g位)
・キャベツ(2枚)
・ピーマン(1個)
・赤パプリカ(小1/4個)
・タマネギ(小1/4個)
・牛乳(400cc)

野菜は一口大に切り、豚肉と一緒に鍋に入れ、牛乳を加えて火にかけます。
沸騰後は弱火にして、野菜に火が通って柔らかくなるまで煮込みます。

・ピザ用チーズ(ひと握り)
・欧風だし(大さじ1.5)
・塩コショウ(適量)

煮込んだらピザ用チーズと欧風だしを入れ、さらに少し煮て、チーズが溶けたら塩コショウで味を整えて出来上がりです。

気軽にはじめられるスープダイエット、さっそくチャレンジしちゃおう♡

ダイエットに成功した女性
  

脂肪燃焼スープダイエットは人気モデルも挑戦するなど、最近メディアで取り上げられることも多く、ダイエットのトレンドとして知られています。短期間で痩せるための食事療法として、もともと医療用に考案されたプログラムなので、1週間集中的に痩せたいときなどに向いているといえます。

ダイエットで食べることになる野菜スープの作り方はシンプルで作りやすく、食材も一般的なスーパーで簡単に手に入るものばかりです。
これからダイエットを始めようとしている方や、これまでのダイエットに挫折してきた方などにも、気軽に始められるダイエットとしておすすめです。

ダイエットというわけではなくても、野菜スープにはさまざまな野菜の栄養がぎっしり詰まっていて、健康のためにもよいものです。
通常の食事メニューに添えて一杯のスープを飲むと、毎日を健康的に過ごせそうです!

NAKED編集部

NAKED編集部

ライター
詳細を見る
大人の女性がキレイになるための美容情報、恋愛やSEXの悩みなど女性の健やかなカラダと美しさの礎となるセンシュアルな情報をありのままに発信します。
SHARE